戸塚新聞ポータルサイト

[by BROCADE]

はちまるtwitterはじめたよー

2015.02.16

究極のカレーを追い求めて…

私はカレーが大好きです。本当に好きすぎてお昼にカレー食べたのに夜も気がつけばカレーを食べているなんてこともしょっちゅう。

一度に大量に作り1週間毎日食べ続けていても無くなる頃には寂しくなってしまう。

それくらい私はカレーを愛しています。

ookawapin_549320140927113723500のコピー

そんな私はある日、想いました。愛しすぎているカレーを自分の手で究極のカレーとして作りたいと!

そこから私のカレー道が始まりました。

食べログで日本全国のカレー屋さんの中で一番人気の荻窪にある「トマト」、横浜の名店「アルペンジロー」、カレーマニアに噂される最先端カレーの「吉田カレー」ネットや口コミを駆使して首都圏のカレー屋さん、カレーが評判のレストランなど名店を巡る日々。私にとっての究極のカレーとはなんなのか自問する毎日。

PAK88_tetuyaakenosyain20141123141151500

私が死ぬ前に食べたいカレーはなんなのか。

PAK93_heyanosumidetaikuzuwari20140322500のコピー

答えは灯台下暗し。

外観

東戸塚の鉄板焼き「勝治」の近江牛カレーが私にとって究極のカレーでした。

勝治のカレーはなんといっても、ゴロゴロと入った肉がうまい、そして米の炊き加減が抜群。

IMG_0074_to

勝治のカレーをリスペクトしつつ、私なりの想い求める究極のカレーのこだわりがキーワードとして頭の中に浮かんできました。

OOK86_iphonehat20140125500のコピー

「肉がうまい」「野菜がめっちゃ溶けている」「和食として世界に羽ばたきたい」「濃厚」「スパイシー」「リーズナブル」。

目指すべき方向性が見えたところで、ここからは試作をくり返しました。こだわって手間ひまを惜しまずに作れば作るほど理想と現実のギャップに打ちのめされます。市販のカレールーって水だけでもカレーになるほど味がしっかりしていて旨いんです。

そりゃ大体の人が「お母さんの作る家のカレーが一番ってなるわ」って絶望と諦めが頭をよぎります。

PAK93_taikusuwariatama20140322600のコピー

でも私はあくまでオリジナルにこだわりたい。試行錯誤の結果、なんとかカレールーは完成させる事ができました。

カレールーは大量の玉葱とにんじん、セロリ、生姜、にんにく、トマト、ヨーグルトを3時間以上炒め、丁寧に丁寧に水分を飛ばしたもに20種類以上のスパイス加え、冷蔵庫で2日寝かせて完成。「素材をなじませる」行程に手間ひまをかけるのがポイントだ。

スープは黒毛和牛のA4、A5の牛ガラやゲンコツをローストし丁寧に灰汁を取り除きながら煮込む。灰汁が出なくなったところで圧力をかけ黒毛和牛の旨味を余す事なく抽出。

また具である牛スジを煮込んだ時の出汁とあわせ、黒毛和牛の牛脂で炒めた大量の野菜、赤ワインと共に野菜が溶けてなくなるまで煮込み自家製のカレールーを合わせ、冷蔵庫で一日寝かせてカレーの完成だ。

具はリーズナブルだけど肉がうまいをしっかり感じてもらえるように黒毛和牛のA4、A5の牛スジを使用。煮込む段階で溶けてゴロゴロ感がなくならないよう旨味を味が染みやすいよう手でちぎったコンニャクと玉葱に移す。

 

提供時カレーソースと合わせ黒毛和牛A4A5牛スジカレー完成。

1502_カレー屋_メイン

お客様の口に運ばれた瞬間、実に72時間にも及ぶこだわりのカレーづくりは結実する。

 

正直まだ勝治のカレーの方が旨いです。でも実践を通して私にとっての究極のカレーに昇華したいという思いから今回ランチでの提供がはじめます。

PAK42_bizomaenanikaitta20131223500のコピー

厳しいご意見お待ちしております。

 

 

 

★高級黒毛和牛A4・A5使用 牛スジカレー 780円

★高級黒毛和牛A4/A5の銘柄について

東京食肉卸売市場内にある黒毛和牛A4/A5等級のみを取り扱う黒毛和牛専門仲卸業者から直接仕入れています。米沢牛、松阪牛、仙台牛、山形牛、佐賀牛、近江牛、北勝牛、常陸牛、とちぎ和牛、奥州牛、飛騨牛、前沢牛、前沢肉牛、村上牛、きたかみ牛、いわて牛など優秀な高級黒毛和牛の牛スジ、牛骨を集めてもらいカレーに使用しています。

 

INFOこの記事の店舗情報素ノ芽ノ家ノ祖 別館へ

超居酒屋

素ノ芽ノ家ノ祖 別館

そのめのけのそ べっかん

045-827-3242

朝仕込みで一本一本手で串を打っている炭火串焼きは絶品のひと言!

店名:素ノ芽ノ家ノ祖 別館

電話番号:045-827-3242

住所:戸塚区品濃町543-6第3つるやビル2F

アクセス:東戸塚駅より徒歩3分

営業時間:17:00〜24:00

定休日:火曜日

その他:【席数】38席